Profile
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
■ いつかの少年
そういえば、このブログを始めて、そろそろ1年。

だいたい、よく考えてみたら、CIAをメインとしたブログのはずが、診断士が中心になりつつあり、気づけばガンダム・ブログと間違われつつある。(念のため、言っておきますが、「ガンヲタ」呼ばわりしてるのは、「ヤツ」だけです。)

年も明け、実務診断を迎えつつも、そろそろCIAの勉強でもしようかと「日本内部監査協会」のサイトへ訪れたのだが・・・。

コンピュータベース・テスト (CBT) への移行時期変更のお知らせ



「はかったなっ!内部監査協会!」
(誰もはかってません・・・。)

も〜、いつでも受けれると思ってたのにー。。
5月まで待ちとなった。
ま、勉強、全然していないのでいいのだけれども。。

--------------------------------------------------

ついでといってはなんだが、違う試験のアプローチを考えてみた。
それは以前通った税理士試験勉強会に参加することに。

思い起こせば、今から十数年前。
大学時代に税理士試験・簿記論に合格した時にお世話になった勉強会だ。
それから1度も受けていない。そうか、もう十数年か・・・。

その後、SEをやってみたり、IPOをやってみたり、内部監査室になってみたりと、実務の経理屋さんからは程遠い職種を転々としていたが、税理士試験から離れた理由としてはもう1つ、国際会計基準の変遷が予測できていたためだった。

その当時と比較すると、
キャッシュフロー計算書、税効果会計、退職給付会計、リース会計、減損会計、会社法の大改正と、その時に税理士試験に受かっても激変するのがわかっていた。このため、試験は他のものをチョイスしたかったのだ。

■ もちろん、難易度が違うのもある。

簿記論合格に費やしたパワーを100とすれば、自分としては、診断士試験の場合にはおよそ60か70の間のパワーしか費やしていない気がする。当時が、学生時代で小切手も手形も見たこともなかったことを差し引いても時間がありあまるくらいあったためだ。また難易度・1問の重さ、記憶するレベルの濃さは寒気がするほどだ。

記憶が美化されてるのもありそうだが、当時、真夏の試験会場でクーラーを入れてもらえないのも思い出した。当時は「全国の試験会場の平等をはかる」とかなんとかいうワケノワカラナイ理由で、8月の早稲田大学受験をクーラー無し(!)で受験していた。このため、「どうやって、2時間の試験時間中、解答用紙を自分の汗でぬらさないか?」というスキルが重要となる。間違えて書いたところに汗が滴れば、すぐに破けてしまうためだ。

試験前1ヶ月は水分をとらないのは当然として(ボクサーかっ)、TACでは「前後左右の男性の集中力をそぎ落とすため、女性は超・薄着で受験するように!」などと、ワケノワカラナイ(効果は高そうだが)の受験時代が記憶に蘇える。(今はクーラーとかついてると思いますが。)
当然、女性や高齢者など、何名か試験中、倒れていた気がする。実際には、毎朝、朝刊を配った後に大学に通っていた僕も、寝不足で倒れるかと思いつつ、滝のような汗とのランデブーを制した。

まー、ちょっと本気で臨むには勇気がいる資格だが、来年以降実施される、「IT業界向けの工事進行基準」くらいで、もう国際会計基準対応も終わりとなるであろうから、明日、税理士試験勉強会に赴き、いつかの少年の気持ちに戻ってみたい。


JUGEMテーマ:ビジネス
■ CIA Tower | comments(2) | trackbacks(1)
■ Twin Tower
今日は夜、TAC・八重洲校へ。

ただ、診断士の勉強ではなく、CIA の講座説明会に行ってみた。
前職が内部監査室だったので、基本的には知っているといえば知っている。が、知らないといえば知らない。(なに言ってるの?)

まー、この職種、経験している人は経験しているのだろうが、経験していない人はきっと経験していないのだろう。(あほか)

特に、僕が経験した年齢は28歳くらいのときだ。
この職種は通常、会計やら法律、取締役会の実運営や税務調査、もちろん監査法人・会計士さん対応ができ、できればシステムを知っているのが望ましい、という内容からけっこう年配の人だけで構成されることが多い。早くて40歳以上の人が中心なのだろう。

理由は経験もそうだが、社内的な発言力が強くなければならない点があり、かつての上司や同僚に対して改善指摘をするのが仕事であり、主観的な判断や仲がいいとかいう理由での監査意見は監査法人側からのツッコミに耐えられないのであろう。

実際に30歳未満の人で内部監査室の人をその当時も見たことがなかったが、性格上、「世界中が黒だと言っても自分が白と思えばそう言えちゃう」自分が時々いるらしく、今の会社でもそんなポジションになりつつある。

そんなため、今日のCIA 講座説明会でも、やはり、若者はおらず。

CIA 試験は来年からコンピュータ試験制度になり、難易度はともかく、受験料金が高まるのもあって、実際には受講しようかまだ悩み中。診断士・2次試験近々の10月から講座がスタートする点もある。一番は、別にCIAとらなくても実務上は問題がないことはないのだ。

取得したい理由は、来年度のJ-SOX本番運用に向け、資格取得が監査法人側の限定付な適正意見がでないようにする保険的意味合いが高い。これは、僕が見てきた監査法人さんは、多くの方がどちらかといえば、仕組みや数値そのものよりも監査を受ける側の考え方や人間性を重視していたような気がするためだ。もちろん「いい人」というイミではなく、「会計制度を熟知し、会計の基本原則にのっとった処理をしており、根拠条文が必ず書類で残っている」などのアプローチを日常的にとっている、というやっている人からすれば当然の内容だ。

実務レベルで内部統制対応をしてきたが、けっこうCIA試験にある基本倫理などが欠けていると思われるため、その補充とブランド力を使いたいのが目的で、本来実務への還元は期待していない。実際に講義を受験するかどうかは別として、診断士もやりつつ、二兎を追う者になる可能性が高まっている。

それにしても、テキストひどすぎ。
診断士の企業経営理論とCIAのパート犬禄鼎覆辰討い誅静世多いが、もうちょっとどうにか・・・ねぇ・・・って感じでした。
。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
■ CIA Tower | comments(0) | trackbacks(0)
■ CIA TAC講座
そういえば、このブログのタイトルは「 CIA 」とかついているのに最近、全然そっち方面のことをしていなかった。

今は、診断士2次試験前なので仕方がないといえばそうだが、やっぱり気になる CIA。
現在は、内部統制も修羅場を迎えつつあり、2次本試験直前は大変なコトになっていそう。個別の文書化や課題の洗い出しはずいぶん前に終わっているのだが、各開発・運用セクションでの改善活動が遅遅として進まない。
文書化を各部署に割り当てず、事務局サイドで進めてしまったツケが出始めた。こればっかりはどうしようもなく、前向きな意識を煽るために監査法人さんに触れたりしてもらっている。

そういえば、TACにて「 CIA の講座 」が始まる様子。



従来までは 「 USエデュケーション 」しかなかったところに新規参入だ。

実際には、この試験を受けたことはないが、ややこしいことに「 受験者は受験した内容を漏らしてはならない 」などと書いてあり、内部監査のあり方みたいのがうかがえる。

まー、Oz 自身も20代で内部監査室なんてところにいたこともあったせいか、あんまり監査そのものの位置づけは好きにはなれない。人が人を制御したり統制することは必要悪、ということでは理解するし、誰かがやらなければならないこととであるので、協力はしたいが積極的にやりたいとは思っていないのが本音だ。

診断士を目指す理由も、監査関係知識も得たい理由も、それが行いたいからではなく、「いい加減なコンサルをする診断士」や、「無茶な監査意見を指摘する監査人」への「 対抗手段 」とする位置づけが大きい。
日本の4大監査法人とも、著名なコンサル会社からの提案も実務上、何度も仕事上、関わったが、全てではないにせよ実態に合わないこと・大鉈をふるう人が多かったのだ。

そんなワケで、おそらく、2次直前のさなか、CIA 講座もそろそろ並行して申込んでいくこととなるだろう。別途、内部監査士を秋のカリキュラムで取得できれば、CIA のパート犬鰐判となるのだが、これは会社が行かしてくれるかなー、というのが微妙なので一から全科目取得が必要となりそう。

■ さー、8月よサヨウナラ、9月よコンニチハ! 10月はなにかと忙しいぞぉ〜!
■ CIA Tower | comments(0) | trackbacks(0)
■ 奇跡の価値は ■
『内部監査は、組織体の運営に関し価値を付加し、また改善するために行われる、独立にして、客観的なアシュアランスおよびコンサルティング活動である。』

IIA 日本内部監査協会の専門職的実施の国際基準・序文はこの文章で始まる。

CIA受験を目指しつつもこのブログは診断士の受験勉強ばかり記載しているような気がしてきた。どちらも短期的な知識・技能習得のために時間をかけていることには間違いはないので、特別に僕は気にしていない。ただ、どちらも目指しているが、メインの「勉強方法を診断士教材を使用している」ということだ。

5月には、CIA試験のPart靴鉢犬鮗験する予定だが、そのいずれも一般教養というには難易度が高い気もするが、内容は監査を行う上での前提知識が多い。診断士で言えば、企業経営理論と運営管理、財務会計と経済学、経営情報が混在している感じだ。国際的な試験のため、国ごとに特徴が異なる法律関係はあまり出題割合が高くない。

つまり、診断士試験を秋までは目指しつつ、CIA試験のトレーニングが行える「勉強シナジー」とでも言えるようなスタンスを採用している、というワケだ。診断士1次試験との重複するようなキーワードを列挙すると、
■ TQCの特徴
■ クリティカルパス
■ 経済的発注量(EOQ)
■ 先入先出法(FIFO)による棚卸評価
■ インフレ期の政府の金融政策
■ ゲートウェイ、ブリッジの目的
■ ワーム、トロイの木馬の意味
という感じだ。ちなみにPart靴らの出題領域の単語である。Part犬呂茲蝓企業経営理論と範囲が重複する。

実務上は、監査とコンサルティングはベースは似ているが根が異なると思える。以前は異なるものと思っていたが、似通ったものと思いなおし、再び異なるものと思えてきた。。感覚的にそう思える点がある。たぶん、経営戦略は組織に従う、という命題と、組織は経営戦略に従う、という大きさで異なると思われる。おそらく僕は、前者のアプローチがどちらかと言えば得手なのだと思う。ちょっと違うかもしれないが、問題点に対する可能なリソースでの解決策、を考えるほうが得意だ。逆に、極端な問題点はないが先行不透明な改善案はなかなか出てこない、という特徴があるようだ。
おそらくは監査系の考え方のほうが合っているのかもしれない。ただ、診断士もラストチャンス!(と言って3回目)であるので、こちらも捨てがたい。スタンスが異なり、自分にはあまり合っていないと考えられる両方の資格が合格できたら、きっと奇跡と思えてしまうだろう。ただ、その後には論理的な一貫性を欠く微妙な改善提案監査スキルが備わらないか、やや心配した・・・。

合格してから、考えましょう!

いやはや、ごもっとも!さて・・・勉強しよっと♪
■ CIA Tower | comments(0) | trackbacks(0)
専門職的実施のフレームワーク
テキスト不足のCIA試験だが、最も参考となる(と思われる)資料が届いた



専門職的実施のフレームワーク

対象範囲はPart気鉢兇相当する。
サイズがA5なので通勤でも読めるが400ページもあるので、けっこう重い。。

僕は内部監査室にいたことがあるが、実際には監査活動というより改善提案ばかりをしていたので実は監査についてはあまり知らない。このため、受験計画も全部合格を一度に目指さず、科目合格を目指すスケジュールを考えている。優先はPart鍬犬澄
この本を読んだことがある人はぜひ、感想というかポイントなどコメントしてください。。
現在は、購入はしたもののしばらくこの本は会社にかざってあるような状況となっている。なんとなく、会社の机の上にあるだけで、統制というより牽制がきくような気もするので・・・。

時期を見て、計画的につぶしていきたい。(そのまま埋もれないことを祈る)
■ CIA Tower | comments(0) | trackbacks(0)
CBT への移行
コンピュータベース・テスト (CBT) への移行
2008年2月1日より公認内部監査人(CIA), 内部統制評価指導士(CCSA), 公認金融監査人(CFSA)試験がコンピュータベースに

勉強の合間にこんな記事を見かけた。

ワッ!!!? なんだって???

現在の受験料・1科目¥11,550円が、¥17,850円になる!?あせあせ

ち、ちょっと・ちょっと。。汗 待ってくださいよ、IIAさん。CIAのロゴも使って広告宣伝しているこのブログなのに、今までも十分高かったのに値上げですか!?
まだこのブログ、始めたばかりなのに、5回目の投稿で、「受験したくなければブログ・タイトルを変更して♪」とか言われているような感じ。

と、言うことで短い間でしたが、皆様にご愛顧いただきました「CIA's Tower」は、「Consultant's Tower」に変更させていただきます。
というワケにもいかず、すっかり勉強どころではない。

一応、よく見ると、適用されるポイントは、こんな感じ。
適用開始は2008年から。2007年10月が最終らしい。
紙ではなく、コンピュータを使うみたい。
テスト実施が簡素化するため、実施回数が増え、結果も早期化する様子。
出題数は100題となるが、受験料は上がる。(><)
試験は世界中にあるピアソン・ヴューのテストセンターで行われます。(どちらのお館のハナシ?)

以下は、コストにかかる抜粋です。

22.受験費用が上がるのはなぜですか?
より高い安全性サービスを提供するためにCBTの専門業者と契約し、これにより追加的な費用が発生しました。受験者には以前より柔軟性のあるスケジュールを組むことができる、結果を早く得られる、より安全な環境で試験が受けられるなどのメリットがあります。

・・・内部統制やJ-SOXでも受験者数は倍増したので、やむをえないんでしょうが。。

あと2回のチャンス。がんばるしかないが、無駄に4教科受けるのは厳しくなりましたね。。確実に合格していかないとお金がいくらあっても足りないようです。。ハイ・・・。
■ CIA Tower | comments(0) | trackbacks(0)
CIA参考問題集2004
FocusRightです。
今日は、「CIA参考問題集2004」のパート検淵咼献優・マネジメント・スキル)を解いてみました。



本試験では各Partで、125問ずつですが、この問題集は100題ずつあります。
結果は・・・

惨敗!

48/100題が正解でした・・・。半分いかない・・・。
中小企業診断士の企業経営理論に最も近いPartなのですが、
あまり日本語がうまくない(人のことは言えませんが)ためか、わかり難い表現が多かったです。
解説を見ると、なるほど!とか思えるのですが・・・。

「彼を知り、己を知れば・・・」ということで、おおよその試験レベルは判明し、今後、徐々に鍛えていくこととなりそうです。(間に合うのか?)
ただ、教材がないのは相変わらずのため、得点率が低かった、後半の「マネジメントスキル」や「交渉」について何らかのテキストが欲しいところです。
逆に、「戦略的マネジメント」「グローバルビジネス環境」「組織行動」は、診断士教材でいけそうですね。僕が知っている限り、今後、徐々に書いていこうと思います。。
■ CIA Tower | comments(0) | trackbacks(0)
CIAへの第一歩


□ CIA(公認内部監査人)試験 重要ポイント&問題集(¥2,940)

このサイトを見ている方はご存知だと思いますが、
2006年08月に発行されたこちらの書籍が「受験ガイド」として、
試験時期や出題傾向、簡単な勉強方法などが記載されています。
市販の書籍でテキスト・問題集を問わず、この本以外には見当たりません・・・。受験者必須のアイテムと言えるようですね。。
■ CIA Tower | comments(0) | trackbacks(0)